LEDスペーサーは同じ高さに取り付ける事が出来ます

LEDスペーサーはスペーサーの一種です。スペーサーは空間を作りたい時に利用する部品で、主にプリント基板をシャーシーに固定する時に使います。

LEDは発光ダイオードで、
電子機器の状態をLEDで伝える事が出来る電子部品です。

例えば、電源が入っている時には赤色のLEDが点灯する、スタンバイ状態の時には緑色のLEDが点灯するなどで利用が行われます。色や点灯もしくは点滅など、電子機器が現在どのような状態になっているのか表示で判別が出来るわけです。

パネルなどにLEDを付ける時には、パネルに穴を開けて、接着剤を使って固定する方法もありますが、
接着剤で固定した場合、LEDが故障した時に交換する事が出来なくなります。プリント基板にLEDを半田付けしておけば、切れてしまったLEDを交換するのが簡単に出来るようになります。

プリント基板とパネルの間には一定の空間を設けてプリント基板を取り付ける事になりますが、LEDの高さを考えずに半田付けすると、
パネルとの隙間が多くなる、もしくは隙間が狭くなり、パネルにぴったり合わなくなるケースも出て来ます。

LEDスペーサーは、プリント基板から浮かせて取り付ける時に利用する部品ですが、同じサイズのLEDスペーサーを使ってプリント基板に取り付ければ、複数のLEDを半田付けした際に、すべて同じ高さに固定が出来るメリットもあります。尚、LEDスペーサーを使う時には、最初にLEDの足にLEDスペーサーを通し、プリント基板の穴にリード線を通して、スペーサーに隙間が開かないように固定しながら半田付けするのがコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です