電圧や波形をチェックする時に便利な基板用端子

プリント基板には色々な電子部品が実装してありますが、電子部品の一つに基板用端子があります。

端子と言うのは信号ラインの終端部分や信号ラインの途中に設けられているもので、
テスターを使って電圧をチェックする時やオシロスコープを使って波形を観測する時などに利用します。

端子は信号ライン上に設けられているので、プリント基板のアートワーク上の中で導通が可能な場所であればどこでも測定を可能にしますが、アートワーク上は銅箔が空気に触れると酸化してしまうので、表面がコーティングしてあるので導通場所は部品のランドのみのケースが多くあります。

しかし、測定ポイントとなる部分に基板用端子を半田付けしておくと、アートワーク上で測定をする事なく直接作業が出来るようになります。

電子機器は電子回路が構成されているもので、回路の中に重要なポイントがある場合、そのポイント部分に測定箇所を設け、修理や製造工程の中でテスター、オシロスコープなどの測定機器や信号発生器を接続して動作の確認を行います。

テスターはワニ口グリップをリードの先に取り付け、相手先を基板用端子に挟んであげれば作業性が向上します。

オシロスコープなどの場合も、プローブの先を基板用端子に挟んであげれば固定が出来るので便利です。

さらに、基板用端子はプリント基板の部品面側に取り付ける事で、電子機器のケースを開けた時、真上から端子が見えるようになるので、作業性を向上出来るメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です