基板用端子の種類と使用目的

あらゆるコンピュータの回路分野で使用されている基板用端子は別名、基板ピンと呼ばれることもあり、使用方法も様々ですが、主に中つば端子や、プレスフィットなどの導通や支柱の目的で使用される基板用の端子です。

電気を利用した装置と電線を接続する部品としても使用されており、主にハードウェアの分野で幅広く使用されています。

基板用端子の具体的な使用例としては、ケーブルとして使用される薄さや柔らかさが特徴のフレキシブル基板や、各種電子部品の搭載とその配線に使用されるリジッド基板などの各種プリント基板、その他にも、多層基板、ビルドアップ基板などの各種部品の接続用の端子としても使用されることがあります。

基板用端子にはネジで接続するものや差し込むだけのもの、サイズも比較的大きいものから小さいものまで、その種類にはいろいろなものがあります。

例えば、最も小さいといわれる極小端子は別名、極小ピン、マイクロピンともいわれ、各種半導体チップやIC基板との電気接続点として使用されます。

また、普段の私たちの日常生活に関係が深いものとしては、一般的にLED照光用などに使用するチェック端子や、例えば、コンセントなどの電源に電気機械の電線を接続する電源端子、主にパソコンなどで使用しているケーブル端子などがあります。基板用端子にはその他にもたくさんの種類がありますが、エレクトロニクスの分野には特に欠かせないものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です