基板用端子で製造や修理短縮

基板用端子は信号ラインの途中に設ける端子で、テストポイントなどとも呼びます。

製造過程の中で信号の観測が必要な時、測定具のプローブを接続する事が出来るなどのメリットを持っています。

また、製造工程だけではなく、電子機器の修理を行う時に正しい波形が出力してあるのか、オシロスコープで観測する時にも利用する事が出来ます。

主に重要なポイントに基板用端子を取り付けておけば、製造工程や修理時の時間を短縮する効果にも繋がります。

従来、プリント基板内の電圧を測定する時や信号を与える時など、部品のリード線などにプローブやワニ口を取り付けて行ったり、半田ランドにリード線を半田付けしてから測定具を接続して電圧や波形の観測を行っていました。

これらの作業は1つだけではなく数カ所行う必要があるなど、修理時には手間や時間が多く掛かっていたのです。

また、半田ランドにリード線を接続した場合、再びリード線を取り外さなければなりません。

この時電子部品を熱でダメージを与えてしまう恐れもあります。基板用端子を取り付けておく事は、電子部品を保護する事にも繋がりますし、製造時のコスト削減や修理時の時間短縮にも繋がります。基板用端子には1つの端子だけのタイプや複数の接点を持つタイプなどが用意してあるので、測定ポイントが多数ある時などは、アートワークを引き回しして、1カ所に基板用端子を取り付けておけば、テストポイントが集中するので、作業性を向上する効果にも繋がって来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です